八ヶ岳山麓:諏訪湖の花火,次回は9月2日の新作花火大会

Posted on Leave a comment

諏訪湖を彩る花火です。8月は午後8時半から約15分間、花火が打ち上げられていました。27日は湖畔に多くの観光客が詰めかけました。15日の大花火大会は有名ですが、連日続く、夜の定例花火もきれいです。

次回は、9月2日(土曜日)の全国新作花火競技大会です。

827諏訪湖花火

車山高原:満開のニッコウキスゲ

Posted on Leave a comment

車山肩のニッコウキスゲが満開を迎えました。

晴天の早朝に訪れるか、夕刻に足を運ぶのがお勧め。日中は、たくさんの観光客が訪れ、ビーナスラインは大渋滞。無料駐車場もすぐに満車となってしまうので要注意。1000円での有料駐車場はありますが、車山肩から白樺湖方面に約500メートル進んだ地点に駐車スペースがあるので、そこに車を置いて、歩いて車山肩のニッコウキスゲの花畑に戻るのがいいと思います。

満開のニッコウキスゲ

霧ヶ峰・踊場湿原:たくさんのヒメシジミ

Posted on Leave a comment

国の天然記念物に指定されている霧ヶ峰の湿原群。そのうち踊場湿原では、ヒメシジミがたくさん確認できます。ヒメシジミは、アサマシジミ、ミヤマシジミと区別するのはなかなか難しい。ヒメシジミは他の二種に比べて、縁毛が長い気がしますが、もしかしたら、写真のチョウはアサマシジミかもしれません。

北海道や本州の山地で見られるといわれていますが、実際は開発が進み、山地の草原が少なくなっていることから、ヒメシジミも希少な種に。環境省は、準絶滅危惧種に指定しています。

踊場湿原の近くには、オオヒカゲが観察できる場所があります。どこにあるかは内緒ですが、まだオオヒカゲは出ていませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

車山高原:ニッコウキスゲは2分咲き

Posted on Leave a comment

ニッコウキスゲの名所として知られる車山高原は9日、多くの観光客が詰めかけていました。

まばらに黄色い花を開いていましたが、まだ2分咲き程度。見ごろは今週末からの3連休に迎えそうです。

709ニッコウキスゲ

八ヶ岳山麓:1万年前にできた溶岩台地

Posted on Leave a comment

●北八ヶ岳ロープウエイで溶岩台地「坪庭(つぼにわ)」に行こう

 北八ヶ岳ロープウエイの山頂駅前には、溶岩台地が広がっています。一周1.2㌔の散策コースが整備されています。標高2237メートルの山岳のさわやかな風を楽しみながら歩みを進めると溶岩の怪物のような異風景に出会うことができます。

坪庭1000

●名称の不思議

 北横岳と縞枯山との谷に広がるこの溶岩台地は「坪庭」と呼ばれています。広さは33万平方メートル。東京ドーム7個分にあたる広大な大地にもかかわらず、「坪庭」と呼ばれているのは不思議です。ハイマツが自生していて「中庭」のように思えるからでしょうか。

 ロープウエイが架かる前から、この地は「坪庭」と呼ばれていました。「むかし昔から坪庭だった。神聖な場所だった」とは地元長老のお話です。

 名称ひとつとっても、不思議な場所なのですが、溶岩台地が誕生した時期についてもはっきりしたことが分かっていません。

●誕生はいつ?

 八ヶ岳総合博物館の学芸員に話によりますと、1万年前の縄文時代、北横岳が噴火した時に誕生したということです。他方で、2400年前の弥生時代の噴火の時に生まれたという説もあるそうです。

 名古屋大学の奥野允教授(地質学)が、溶岩台地の下の土壌を炭素14による年代測定したところ、890年前という結果がでたそうです。誤差は、プラス・マイナス80年。約800年前に「坪庭」が誕生したとすると、時は平安時代です。富士山大噴火と重なる時期になりますが、富士山が噴煙を出していた頃、北八ヶ岳からも噴煙が舞い上がっていたのでしょか?。